カテゴリ
全体
社長ブログ
スタッフ日記
ジュエリー教室
おすすめジュエリー
宝石紹介
宝石はてな探検隊
宝石名判別方法
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
more...
検索
その他のジャンル
ランキング
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

取扱商品一覧
ジュエリー
天然石
雑貨天然石アクセサリー教室のご案内天然石アクセサリー教室のご案内

しかん香ブログ
しかん香からの楽しいおたより

カテゴリ:社長ブログ( 153 )

これからもランドセル基金へのご協力お願い致します。(平成24年1月18日)

b0101975_1323820.jpgあれは17年前の朝
まだ明けきれない早朝、5時46分。
突然の大きな揺れで目が覚めた。
とっさに布団を跳ね上げ上の階に駆け上がっていった。
寝ている子供たちは安全だった。

あれからもう17年が過ぎ子供たちも成長し、社会人として毎日を送らせてもらっている。
しかし、この阪神大震災で6434人もの方がなくなられた。
私の知人もその中の一人だった。
当時の被災地の惨状は今でも頭に焼き付いている。
ボランティアで被災地の現場へ何度も行くうち、震災で親を亡くした子供たちや、この震災で経済的に困っている子供たちがたくさんいると知った。

b0101975_1334840.jpgその子供たちを応援すると言う趣旨で始まった基金があると聞かされた。
それが産経新聞社の厚生事業団が始めたランドセル基金だった。

そこで、お客様の協力も頂き、今日まで17年間このランドセル基金への寄付を続けることができた。

1月16日、昨年一年寄せていただいたランドセル基金としかん香の浄財金合わせて101万8千円を産経新聞厚生文化事業団へお持ちした。
しかし、今年は昨年のような安堵感はなかった。
それは昨年の東北大震災の被災者への思いが、強いからだろう。
日本はこの阪神大震災で大きなダメージを受けたが、また昨年3月の東北大震災で想像もつかなかった大きいダメージを受けた。
今まで経験したことのない被災から、東北の人たちは復興へ向かって今歩み始めている。
その復興への道は長い、厳しい道のりだろう。
今、改めて東北の復興へ、息の長い応援をしていこうと決意した。

皆さま、これからもご協力よろしく御願い申し上げます。
ありがとうございます。


     平成24年1月17日
                しかん香 店主  木下康生


上写真は、毎日jpよりお借りしました。
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20120118k0000m040086000c.html

下写真は、msn産経ニュースよりお借りしました。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/120117/wlf12011710440006-n2.htm


人気ブログランキングへ← ← ← ランキングにご協力を♪

趣味ぶろ 教室ブログランキング ← ← ← 教室ブログのランキングです♪

金プラチナ買取ダイヤモンド買取天然石アクセサリーならしかん香
by shikanko | 2012-01-18 13:09 | 社長ブログ

「絆」を育てていきませんか?(平成24年1月3日)

b0101975_1494862.gif
明けましておめでとうございます。

正直、今年は、正月を迎え素直にこの言葉を言えていないように思う。
まだまだ「おめでとう」と言えない人がたくさんおられると感じているからだ。

しかし、あの東日本大地震の被災、さらに原発事故の後遺症を抱えて新たな年を迎えた。
昨年は予想もできない大災害に対し
「何とか被災地の方、被災地を助けなければ」
と、夢中で多くの人が被災地に行き必死に働いた。
また、同じ思いで多くの人が救済の募金をした。

b0101975_1414488.jpg昨年の一年の言葉が

久しぶりに聞く言葉だった。
団塊の世代の私は戦後の20年代を困窮した生活の中で育った。
しかし、その思い出は苦しさではなく、楽しい思い出が多く残っている。
それは自分の周りの人の絆の強さからではなかったのではと思う。

いつも強いガキ大将が イザという時には、弱い子供たちをカバーしていた。
子供同士の絆も強かった。

五十年以上たった今、改めて「絆」の大切さを気づかせてくれたように思う。

作家の曽野綾子さんは「本当の絆とは求めるものではなく、与えることである」と言っておられる。
被災地の復興には長い道のりが待っている。
そして、日本の復活にはたくさんの試練を乗り越えて行かなければならない。

私たちは求める心でなく、
与える心である「本当の絆」を育てて行こうではないですか!
東北の復興のために、日本の復活ために。
今年もよろしくお願いします。



      平成24年一月元旦

            しかん香 店主


※「絆」の写真は朝日新聞さんより
 http://www.asahi.com/national/update/1212/OSK201112120036.html


人気ブログランキングへ← ← ← ランキングにご協力を♪

趣味ぶろ 教室ブログランキング ← ← ← 教室ブログのランキングです♪

金プラチナ買取ダイヤモンド買取天然石アクセサリーならしかん香
by shikanko | 2012-01-03 14:18 | 社長ブログ

学ぶところはどこにでもある (平成23年4月21日)

b0101975_14232774.jpg今年の目標の一つに、毎月5冊の本を読むことがある。
読書は、数よりも良書を選んでじっくり読むことが大切だ。
成功している経営者の共通点は、多量の本を読んでいると言われる。
たくさんの情報を、浴びるように吸収しているのだろう。

感性は、そこから磨かれると思う。
感性を磨くには本の出会いもあるが、人の出会いも大事だ。

又、テレビのドラマからも大きな学びを得ることがある。
それは、不朽の名作「チャングムの誓い」だ。

今でも数々のシーンが私の脳裏に残っている。
そのひとつはチャングムが宮廷料理で対決するシーンだ。
チャングムが、勝つことに固執して料理に対する真心を失ってしまう。
それを、師匠であるハン尚宮が、彼女を諭す時の言葉だ。

b0101975_14273814.jpg『人間と言うものは、知らず知らずのうちに変わってしもうものなの。
切羽詰った状況に置かれると、
そうすることが正しいかどうかを見極めずに、
とりあえず問題を解決しようと飛びついてしまう。
そのうち、それが正しいという錯覚に陥りそういう生き方をするうちに、
それに慣れて道理を見失い、目先のことしか見えなくなってしまう。』


このハン尚宮の言葉を聴いたとき、正に私自身に彼女の言葉が突き刺さった。
私の心臓は、えぐられそうだった。

b0101975_1428184.jpgこの教えは、今も私の胸に刻んで残されている。
この「チャングムの誓い」の一話一話に夢中になって
TUTAYAに走ってDVDを借りにいったものだ。
そして毎回、わたしの心は揺すぶられた。
このドラマから、わたしの感性は磨かれたと言ってもいいくらいだ。

学びはどこからも得ることは出来る、ということだ。

ありがとう。
                  店主


人気ブログランキングへ← ← ← ランキングにご協力を♪

趣味ぶろ 教室ブログランキング ← ← ← 教室ブログのランキングです♪

金プラチナ買取ダイヤモンド買取天然石アクセサリーならしかん香
by shikanko | 2011-04-21 14:28 | 社長ブログ

春は必ず来る (平成23年4月7日)

b0101975_13344193.jpg
開催が危ぶまれたセンバツ高校野球も無事終わった。
地元、八幡筋の御津神社の桜もつぼみたちが一斉にピンク色にほころび始めて、
街はそこ、ここで春到来を告げている。

b0101975_18375271.jpgテレビをつけるとセンバツの決勝戦だった。
東海大相模高校と九州国際大付属高校の戦いだ。
この試合をなんとなく見入ってしまっていた。

それはいつもの決勝戦と、どことなく違ったからだ。
一言で言えば清清しい
両チームの選手たちのプレー一つ一つが正々堂々していた。

それは、この大会の創志学園の野山慎介君が宣誓した言葉に現れていた。
彼は、阪神淡路大震災の年に生まれた。
彼は母親のお腹の中で16年前の大震災を経験した。
それ以来、いろんな仲間に支えられ困難を乗り越え、このセンバツに来た。

b0101975_1838981.jpgそして、このセンバツが始まろうとするとき、また東日本に大地震が襲った。
被災地の状況は、彼の胸を締め付けたに違いない。
彼は、この東日本大震災で亡くなられた人たちを悼み、そして被災者をまた日本を元気つけようと彼の思いを精一杯宣誓した。
彼は最後に「生かされている命に感謝し全身全霊で正々堂々とプレーすることを誓います。」と言った。
b0101975_1344341.jpgこの彼の言葉は、
この大震災で被災した人たち、そして、日本中の応援のお陰でこのセンバツの戦いに出場できることを、心から感謝する気持ちが発露したものだろう。

それは、このセンバツで戦ったみんなも同じ気持ちだったに違いない。

16年前の大震災の苦しみを乗り越えて彼らは逞しく育った。
日本は必ず復活する!
私たちみんなが一丸となってこの日本の大きな困難を乗り越えて行こう。
がんばろう!日本!ありがとう!
           店主



人気ブログランキングへ← ← ← ランキングにご協力を♪

趣味ぶろ 教室ブログランキング ← ← ← 教室ブログのランキングです♪

金プラチナ買取ダイヤモンド買取天然石アクセサリーならしかん香
by shikanko | 2011-04-07 13:45 | 社長ブログ

日本を元気付けてくれたヴィクト、ありがとう! (平成23年3月30日)

……30年ほど前、幾度か京都の競馬場に行ったことがある。

いつも友人に連れられて行った。
友人は新聞をにらみながらレースの予想に夢中だった。
私はいつも彼の尻馬に乗る、しかしレースになると馬券を握り一心に予想した馬を応援したものだ。……

b0101975_11515532.jpgこんな時に競馬の話をすると不謹慎だと叱られそうだが、その競馬のビッグニュースが目にはいってきた。
昨年、皐月賞、有馬記念を制した、ビィクトワールピサが世界最高の賞金レースを制覇したのだ。
場所はアラブ首長国連邦の首都ドバイである。
この記事を見たとき「やった!」「ようがんばった!」「ありがとう!」心の奥で叫んだ。

そのレースは、ヴィクトが出遅れてビリからスタートだった。
しかし、あせらず徐々に上がっていった。

そして残り300メートルで先頭にたって直線を一気に逃げ切ったと言う。

このヴィクトの走る姿が眼前に現れるようだ。
もしこのレースを見ていたら、きっと最後の直線を懸命に走っているヴィクトに、絶叫して応援していただろう。
この馬を管理する角居調教師も、喪章を右袖につけて騎乗したイタリア人騎手も感動の涙!!
彼女(牝馬)の「粘り強さ」は日本が東日本大震災で深刻な被害を受けている人たちに、そして我々日本人に生きる勇気を与えてくれた。

b0101975_11521650.jpg今、日本は歴史的な国難に立ち向かっている。
先は長い、決して決して諦めないでほしい。
被災者の方を応援して行こう。
そして、日本を復興させよう。ありがとう!


                 店主

人気ブログランキングへ← ← ← ランキングにご協力を♪

趣味ぶろ 教室ブログランキング ← ← ← 教室ブログのランキングです♪

金プラチナ買取ダイヤモンド買取天然石アクセサリーならしかん香



写真は、以下のコラム・記事よりお借りしました。
ぜひご覧下さい!!

Yahoo!ニュース(サンケイスポーツ記事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110327-00000502-sanspo-horse

Number Web 競馬コラムより
http://number.bunshun.jp/articles/-/101968
by shikanko | 2011-03-30 11:58 | 社長ブログ

祈りをこめて (平成23年3月13日)

一昨日の昼に東北地方を襲った地震は
まさに、SF映画のシーンを見るようであった。
これは本当に現実かと疑いたくなるような、自然の猛威を見た。

刻々テレビから放映される被害状況を見ていると
16年前の阪神大震災を思い起こした。
あの時もただ呆然とテレビに見入っていた。
そしてお客様の安否を聞き、出来る限りの助けをしようと必死に被災地に向かったことを記憶している。
今はそれも出来ないが、ただ今は一人でも多くの人が助かることを祈るばかりだ。

この想像を絶する大災害に私たちが出来ることをしっかり考えて応援していきたいとおもいます。

今年のランドセル基金は、この東日本大震災へ送りたいと思っております。

                    平成23年3月13日    店主

b0101975_16142048.jpg人気ブログランキングへ

趣味ぶろ 教室ブログランキング

金プラチナ買取ダイヤモンド買取天然石アクセサリーならしかん香
by shikanko | 2011-03-13 16:19 | 社長ブログ

ピマ航空宇宙博物館を訪れる。 平成23年3月4日

b0101975_1494493.jpgツーソンは砂漠の中に出来た街だ。
そして空軍基地がある街で有名である。

だから、民間の飛行場(マラナリージョナル空港)とは別に
空軍の飛行場(デビスモンサン空軍基地)がある。

このジュエリー・ミネラルショーに初めて来た時。
会場から会場へレンタカーで移動時に、まさに空軍基地を見つけた。

そのとてつもない広さと戦闘機の数に一瞬われを忘れて見入ってしまった。
現れた視界を全て埋め尽くす戦闘機、数え始めても数え切れない。
500機はゆうにあっただろう。
その時直感的に「なんでこんな国と日本は戦争をしたのか」という怒りが頭をよぎったことを思い出す。
後でその殆どが現役を退いた戦闘機だと知らされて改めてアメリカのすごさを痛感した。
しかし、こんな鮮烈な体験も、先日の思いがけない訪問までほとんど忘れていた。


今回、先に来ていた友人の誘いで、空軍の博物館である「ピマ航空宇宙博物館」を初めて見学することが出来た。

最初に入った館の中は、平日のためか見学の人はまばらだった。
次の館に入った時、真っ先に目に飛び込んできたのは、
まさに亡き祖母から幾度となく聞かされた空襲の恐怖の代名詞B29だった。
真近に見るB29は私が想像していた以上の巨体だった。
(良く知られているボーイング727-100と全長においては10メートルほど短いが翼の長さ(全幅)は逆に10メートルほど長い)
b0101975_14142938.jpgそのB29の機体の腹の弾倉の扉が開いていた。
機体の下から、弾倉を見上げると一つだけだが、あの焼夷弾を抱いていた。
弾倉は二つに別れて、数えるとこの焼夷弾を38個搭載できるようになっていた。
この焼夷弾はクラスター焼夷弾だ、一発の焼夷弾が空中で内蔵した48個の小型焼夷弾を散弾させる。
38×48は1824個の焼夷弾が一機のB29から投下されるのだ。
この恐ろしいB29爆撃機が66年前(昭和20年3月13日)大阪を空襲した。
その数、274機だったといわれる。無差別爆撃だった。
二日にわたる来襲で大阪は一面の焼け野原となった。
私の祖母の家もこの時目の前で焼け落ちた…と何度聞かされたことだろう。


b0101975_1415542.jpgそのB29の周りには何人かの見学者がボランティアの年老いた学芸員の説明に聞き入っていた。
その老人の誇らしげな態度を見てまた複雑な気持ちが私の心によぎった。


b0101975_14174661.jpgその館を出る時、振り向くと、そのB29の機体の傍に日本空軍の精鋭戦闘機だった「隼」が一機展示されていたのがどうしてもさびしく見えた。


博物館を出ると西の空は茜色の夕焼けで山が染まっていた。
改めて、今の平和をかみ締めていた。


人気ブログランキングへ← ← ← ランキングにご協力を♪

趣味ぶろ 教室ブログランキング ← ← ← 教室ブログのランキングです♪

金プラチナ買取ダイヤモンド買取天然石アクセサリーならしかん香
by shikanko | 2011-03-04 14:20 | 社長ブログ

ツーソンを見直す旅 (平成23年2月28日)

b0101975_14542745.jpgアリゾナ州、ツーソンで開催されているジュエリー、ミネラルショーに初めて来たのは、
27年前の1984年だった。

はじめてツーソンの空港を降りたとき、
真っ青な空
ただ一本の飛行機雲が大空のキャンバスにくっきりと描かれていたのを今もはっきりと覚えている。

b0101975_14575425.jpg以来ほぼ毎年、2月この町を訪れている。
ツーソンはメキシコの国境までおよそ100キロに位置するアメリカの最南部の街だ。
だから2月でも日中はとても暖かい。
しかし、今年到着したツーソンの街は、今まで経験しなかった寒さだった。
アメリカ中が寒波に襲われていたらしい。

b0101975_14585275.jpg
さて、今年も妻と二人だ。
ホテルも飛行機の便も全て彼女がネットで予約をしてくれた。
ツーソンショーは会場が毎年増えている。
今年はなんとビーズショーを入れると約50箇所もある。
二人で来るようになってからは、レンタカーを利用しなくなったので、
もっぱら会場と会場をつなぐシャトルバスを使う。
そのシャトルバスも今年はなかなか思うように来てくれなかった。
町興しで始まったこのショーも、今の市の財政に負担が重いのだろう。

b0101975_14591999.jpgところで、ツーソン旅行の目的も、ここ数年は私の買い付けより妻の創作ジュエリーの素材の仕入れとアメリカの新鮮な創作の世界を勉強するためである。

本来の天然石・レアーストーンの買付は今回別便でスタートした息子に任せることにした。
だから私には今までと違って自由時間がたっぷりとある。
私は今回、妻と別行動する時間があり、改めてツーソンを見直す旅行となった。
さてその報告は次回にさせて頂くことにします。

店主

人気ブログランキングへ← ← ← ランキングにご協力を♪

趣味ぶろ 教室ブログランキング ← ← ← 教室ブログのランキングです♪

金プラチナ買取ダイヤモンド買取天然石アクセサリーならしかん香
by shikanko | 2011-02-28 15:00 | 社長ブログ

ちょっとした言葉遣い、できてますか? 平成23年2月10日

b0101975_1954969.jpg新聞、テレビ、どれを見ても今の日本が厳しい環境にさらされているという。

最近特に、うつの人が多いと聞く。
うつになる人は、責任感の強い人ほどなりやすいと言う。
その人には「頑張れ」と言わない方がいいらしい。


何年か前まで「うつ病」という病を「気まま」「怠け」としか受け止めなかった。
と言うのも、一見わからないからだ。
相手を自分の目線で見てしまう。
得てしてそのような人に厳しい目で責める傾向がある。
そうすると益々、そのうつ状態が高まっていく。

私たちの周り(自分も含め)に対して
「温かく受け入れる気持ち」を常に持つことが大事ではないだろうか?
現在のように社会の状況が厳しくなってくれば
「そんな甘いこと言っておれるか」と叱る方もおられるでしょう。

しかし今こそ「相手を思いやる心」を広めようではないですか。

b0101975_199288.jpg女性は「愛しているよ!」と言ってほしい
男性は「あなたは凄いね!」と言ってもらって認められたい
と、常に思っているらしいと聞いた。

これはちょっとした心遣いで「相手に元気を与える」言葉だ。
相手を許し、元気を与えると自分も元気になる。

厳しい環境の時こそ「元気になる言葉」が大事です。
ちょっとした言葉遣い、
ちょっとした心遣いの出来る人になりたいですね。


今日もありがとう!の一日を・・・・・・。

人気ブログランキングへ← ← ← ランキングにご協力を♪

趣味ぶろ 教室ブログランキング

金プラチナ買取ダイヤモンド買取天然石アクセサリーならしかん香
by shikanko | 2011-02-10 19:11 | 社長ブログ

気持ちの良い言葉使ってますか? (平成23年2月3日)

今日の朝刊に、10代の声というコラムを見つけた。
その1つに、「気持ちの良い言葉をつかいたい」というタイトルがあった。
b0101975_13145392.jpg

小学生6年生の作文だ。
1年生からサッカーを続けているが、そのサッカー良い気持ちにさせてくれる言葉を教えてもらってるという。

それはゴールを決めた時、仲間からかけられる「ナイスシュート」
また、ミスをした時の「ドンマイ」
どちらも元気をもらえる言葉だ。

そして彼は、家でお手伝いをした後にお母さんから
「やってくれてありがとう」と、言ってもらえると書いている。



私たちは「褒め言葉」、「感謝の言葉」をきちんと出しているだろうか?
ちょっとした気遣い、相手を認める気持ちを養うことだ。
そして感謝の気持ちを言葉にして相手に伝える。

「ありがとう。」
という言葉は、本当に勇気をあたえ、もらえる言葉だ。


家族の間、学校、職場、そして人とのお付き合いで
彼の言う「気持ちのよい言葉を」積極的に使って行きましょう。

きっとあなたの未来は素晴らしい世界が切り拓かれます。

さあ今日も元気になる言葉をかけるぞ!
ありがとう!


b0101975_1321278.jpg


人気ブログランキングへ← ← ← ランキングにご協力を♪

趣味ぶろ 教室ブログランキング ← ← ← 教室ブログのランキングです♪

金プラチナ買取ダイヤモンド買取天然石アクセサリーならしかん香
by shikanko | 2011-02-03 13:33 | 社長ブログ

 

TOP of PAGE
しかん香 オーダーメード ジュエリー 天然石
ホームプライバシーポリシール・ド・シオン地金買取しかん香ブログ