カテゴリ
全体
社長ブログ
スタッフ日記
ジュエリー教室
おすすめジュエリー
宝石紹介
宝石はてな探検隊
宝石名判別方法
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
more...
検索
その他のジャンル
ランキング
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

取扱商品一覧
ジュエリー
天然石
雑貨天然石アクセサリー教室のご案内天然石アクセサリー教室のご案内

しかん香ブログ
しかん香からの楽しいおたより

ルース紹介22:合成モアッサナイト

b0101975_16244941.jpg

ルパンは山田康雄派ですか?栗田貫一派ですか?どーもYoshioっす(`・ω・´)ゞ
今週もルース紹介記事です。今回で22回目の紹介になるよ。

今回の宝石はコレだー!!


b0101975_16214990.jpg


ラフ状態ー

b0101975_16233464.jpg



表面光沢がとても綺麗な今回の宝石

22石目は合成モアッサナイトになります。
モアッサン石、モアサナイト、モアッサナイトとか呼ばれスペルはMoissanite

よくよくヤフ●クなどでモアッサナイトダイヤモンドと表記しているものを見かけますが
ダイヤモンドとは全くもって似て非なる宝石です。

しかし、ダイヤモンドに似ている宝石の中でも
1,2を争うほどダイヤモンドとの区別が難しい宝石で、
熱テスターという機械にのみ頼って鑑定している人達にとっては
ダイヤモンドと間違う可能性が高い宝石ですね。

偽物というイメージがあり安いと感じられるかもですが、
類似石の中で極めて高価で稀少な宝石です。
よく出回っているキュービック・ジルコニアという
ダイヤモンド類似石の倍の価格はあります。

モアッサナイトの名前はフランスの化学者アンリ・モアッサン博士が
1893年にアメリカ・アリゾナ州に落ちた隕石の中から
炭化ケイ素の小結晶を発見したことに由来します。
天然のモアッサナイトというのは実は隕石中の炭化ケイ素の結晶なのです。
今まで地球上では無かった物質を発見したことから
(地上で取れるものは天文学的に稀少らしい)
この炭化ケイ素(SiC)で構成された天然鉱物は博士の名前を取り、

『モアッサナイト』になったのです。

モアッサ博士がモアッサナイトを創りだしたわけではないのです。
人造的に創りだしたのはまた別の時代の話。

ですので、私も見たことが無いのですが、
もし天然の大きなモアッサナイトが出たら
ダイヤモンド以上に価値があるんじゃないかしらん? 

ダイヤモンドの偽物!的な悪いイメージはありますが、
合成モアッサナイトとしてきちんと評価して欲しい宝石ですね。

もし、興味を持って購入したい時は、
ダイヤモンドとして買うのは要注意!ダイヤモンドとは丸っと違う宝石ですよ! 
そして、天然では大きなサイズのものはありえないので
きちんと『合成モアッサナイト』と表記しているSHOPで判断するのが良いよ(・ω<)


さてサイズ比較ー冒頭のキャラクターはみんな分かったかな?

緑ジャケVERでした。
b0101975_16274586.jpg


ルパンさん。ドヤ顔の所すみませんが、それはダイヤモンドじゃ無いですワン。合成モアッサナイトですワン。

b0101975_16362310.jpg


え・・・全部ってこたーないだろー

b0101975_16375181.jpg


机の上のものは全部合成モアッサナイト!・・・それが現実・・・!!ですわん。


ルパンでさえ見間違えてしまうそれが合成モアッサナイト!!
けど、モアッサナイトの知識があればダイヤとの識別は簡単だったりするので、そこら辺はご安心を(・ω<)

それではまた来週(・ω・)ゞ

人気ブログランキングへ ⇐押すでしょ?(・ω<)
by shikanko | 2013-03-09 16:56 | 宝石紹介

 

TOP of PAGE
<< 春のウキウキ1週間 H25/3/12 春の買取強化キャンペーン!!(... >>
しかん香 オーダーメード ジュエリー 天然石
ホームプライバシーポリシール・ド・シオン地金買取しかん香ブログ