カテゴリ
全体
社長ブログ
スタッフ日記
ジュエリー教室
おすすめジュエリー
宝石紹介
宝石はてな探検隊
宝石名判別方法
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
more...
検索
その他のジャンル
ランキング
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

取扱商品一覧
ジュエリー
天然石
雑貨天然石アクセサリー教室のご案内天然石アクセサリー教室のご案内

しかん香ブログ
しかん香からの楽しいおたより

遺言書を書くツアー知ってますか(平成23年1月10日)

b0101975_2232359.jpg 温泉に出かけ、
「遺言書を書く」というツアーがあるらしい。
一面真っ白な雪景色を見ながらゆっくりと温泉につかるのだろうか?
 
その旅行には、暗いイメージはないと言う。


私はそれを聞いて10年前のことを思い出した。b0101975_2239638.jpg

ある研修で葬式に読まれる弔辞を書いたことだ。
自分の葬儀で、友人が私を弔うために読むであろう弔辞を 自分自身で書くのだ



なかなか書けるものではない。
人生を振り返り、思い出をたどると、段々とその気になってくる。
そうすると、自分が生きてきた過去が鮮明に甦ってきた。


そして、自分の人生に関わった人々への色々な気持ちが湧き上がってきた。


それは育ててもらった祖母への感謝だ。b0101975_22552412.jpg
さらにもっとも身近である妻への感謝
そして子供たちや社員、友人
走馬灯のように出てくる人たちへの感謝だった。
また、その感謝の念は、
今までの色々な悔い、わだかまりも洗い流してくれた

しかし、簡単に筆は走らない。
そうである。
自分の死がいつ来るか、葬式の日を決めなければならない
あの当時は、まだ50を越えたばかりで、自分の死を考えたことはほとんどなかった。

そこで決めた日は、72歳になった年の父の命日だった。

死ぬ日が決まると、面白いことに、これからの人生の目標がまた明確に見えてきた
自分の生きる時間が無限ではない、確実に有限であると言う思いが強くなった。


財布の中身が約7千円しかない(72歳まで7000日という意味。)そうなると一円(一日)の重みが実感してくるb0101975_22571251.jpg
「一度きりの人生」である。
生かされている自分がやること。だんだん見えてきたようだった。
今もこの日のことは、私の心の中で大きく存在している。

あの日から、私の財布の中は半分になってしまった。
しかし、憂うことはない。
お蔭様で、毎日充実した日々を送らせてもらっている。
感謝、感謝だ!
ありがとう


027.gif YASUO KINOSHITA040.gif


人気ブログランキングへ← ← ← ランキングにご協力を♪

趣味ぶろ 教室ブログランキング ← ← ← 教室ブログのランキングです♪

金プラチナ買取ダイヤモンド買取天然石アクセサリーならしかん香
by shikanko | 2011-01-10 22:17 | 社長ブログ

 

TOP of PAGE
<< 商売繁盛♪笹もってこーい♪ 2... 一足お先に鏡開き★ 2011/1/8 >>
しかん香 オーダーメード ジュエリー 天然石
ホームプライバシーポリシール・ド・シオン地金買取しかん香ブログ