カテゴリ
全体
社長ブログ
スタッフ日記
ジュエリー教室
おすすめジュエリー
宝石紹介
宝石はてな探検隊
宝石名判別方法
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
more...
検索
その他のジャンル
ランキング
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

取扱商品一覧
ジュエリー
天然石
雑貨天然石アクセサリー教室のご案内天然石アクセサリー教室のご案内

しかん香ブログ
しかん香からの楽しいおたより

今月は誰の送別会?(平成21年3月22日)

b0101975_16303218.jpg

桜だよりがあちらこちらで聞かれるようになってきた。

またこの時期は会社勤めの方には人事異動の時期でもある。この移動が発表なるや,、あっと言うまに送別会が催される。




「送別会」と言えば夏目漱石の「坊ちゃん」を思い出す。英語教師古賀こと、うらなり君の送別会だ。うらなりの転勤を策略した本人である教頭、赤シャツが歯の浮いたような美辞麗句を滔々と喋る姿である。


ところで、今日の日経新聞の「何でもランキング」に「うれしい送別のことば」が書かれていた。
上司、先輩からのうれしい言葉の一位は「一緒に仕事して楽しかった。」二位は「ありがとう」
だった。そして部下・後輩からのうれしい言葉の一位は「ありがとうございました。」二位は「もっと一緒に仕事がしたかった。」である。

b0101975_163376.jpg


私もこの「送別会」で送られる方を2度経験している。転勤ではなく自己退職である。その会社を自ら離れる私に「送る会」をしてもらった。


今、私の友人の何人かは定年を迎えている。あるものは学校を卒業して今日までその会社一筋に勤めてきた。その彼にとって定年退職の「送別会」での「送られる言葉」は会社勤めの総決算に違いない。だからどんな送られる言葉も心にビンビン感じるだろう。ある人の言葉は一生忘れることがないかも知れない。


b0101975_16345450.jpgそしてその一言はやはり「ありがとう」「ありがとうございました。」である。
この言葉は最高の送る言葉だ。送られる人はこの言葉で一杯の感謝の気持ちをもらい、これからの人生への勇気を与えてくれる。


今年は百年に一度と言われる厳しい不況が世界中を襲っている。こんな状況の中「送別会」がどこかしこで見られる。どんな事情で送られているかはわからないが、その送別会が新たなる人生の門出になることを心から祈りたい。ありがとう。b0101975_16344247.jpg
by shikanko | 2009-03-22 16:08 | 社長ブログ

 

TOP of PAGE
<< 今月も・・・(平成21年3月26日) まだ滑れます (2009年3月... >>
しかん香 オーダーメード ジュエリー 天然石
ホームプライバシーポリシール・ド・シオン地金買取しかん香ブログ