しかん香ブログ
しかん香からの楽しいおたより

切に生きる(平成19年5月27日)

b0101975_22241652.jpg 先週、奈良の万寿ゴルフクラブでしかん香第二回ゴルフコンペを開催させていただいた。14組54名の参加であった。平日にも関わらず沢山の方に参加いただき嬉しいかぎりである。昨年に続いての企画である。

ある人からは決して景気も良いときでない今時分、あんまり派手にやらないほうがいいのではないかと言われた。しかし私としては今しかないと思っている。ここに参加された方はほとんどがなんらかで「しかん香」に縁のある人である。今あるしかん香もこのみなさんのお蔭であると思っている。

最近「一期一会」と言う言葉を、日々大事にしている。人生は限りあるものだ。元気で生かされている今がこれからも続くことは誰にも解らない。だから今を大事にしたい。そして今までお世話になった人に少しでもお礼をしたい。そんな気持ちが強く昨年に続き開催させて頂くことになった。
b0101975_2230874.jpg
一回目はゴルフのルールを精通していなっかことで皆さんに不快な思いをしてもらった。遊ぶことも真剣に相手に関わることが大事だと学ばせて頂いた。

今は元気で毎日働かせてもらっていることが嬉しい。サムシンググレート(偉大なあるもの)に守られ生かされていることを実感している。
b0101975_22285875.jpg

今月の「致知」の言葉は『切に生きる』である。まさに今の私の心情とぴったりである。わが妻も今月より創作ジュエリー教室を再開しました。これからもひたむきに愛される「しかん香」を目指していきます。宜しくお願い致します。 店主より
by shikanko | 2007-05-27 22:16 | 社長ブログ | Comments(0)

純銀クロシェ体験教室の開催【淡水パールのラリエット】

しかん香では、5月24日(木)に純銀クロシェの淡水パールラリエットの体験教室を開催しました。
今回は4名の参加です。まずは本日作る作品の説明から… 今回は初めての体験教室なので、クサリ編みだけで、仕上げます。慣れてくると、複雑に天然石を編みこんでネックレスやブレスレットを作れるようになるんですよ!
b0101975_18325267.jpgb0101975_18302531.jpg
説明が終わると、早速アクセサリー作成の開始!
まずは淡水パールとビーズを交互にワイヤーに入れていきますが、「あっ順番を間違えた!」と言ってはやり直し。何度も入れ直して、なんとか編みこむまでの準備ができました! 毎回、この石入れ作業が最初の難関です!
b0101975_18351966.jpgb0101975_18373180.jpg
いよいよクサリ編みスタート。純銀線とはいえ、ワイヤーを編んでいくので毛糸のように簡単にはいきません。
目の大きさをそろえるのに一苦労。一回編みこんでしまうとほどくのも大変!
皆さん、黙々と手が進みます。
b0101975_18391636.jpg
b0101975_18394392.jpgMyサイズまで編み込めたら、あとは最後の処理だけです。
これまた、初体験のバーナー処理!! 緊張感最大で、可愛い銀の丸粒作成成功。大き目の淡水パールをラリエットの先にぶら下げて完成です。ヤッター!! 出来た!! でも、何か変!?
大丈夫ですよ。きれいに整形して仕上げましょう。
b0101975_18403070.jpgb0101975_18425047.jpg
製作に約2時間。みなさんお疲れ様でした。
世界にたった1つの、自分だけのアクセサリーが完成しました。
首に巻いて、チョーカーのようにするのもよし、手首に巻いてボリュームを出してブレスレットにするのもよし。使い方は色々あります!
次回は細編みとピコットをいれたネックレスにチャレンジしたいと、皆さん意欲満々!
次回も乞うご期待☆

教室情報はこちらから
ルドシオン 天然石アクセサリー教室 http://www.le-de-sion.com/school/
by shikanko | 2007-05-27 18:48 | Comments(0)

自己啓発研修に行ったことがありますか?平成19年5月13日

b0101975_1964057.jpg『昨日はどうなるかと思いましたが、今日は元気に帰ることが出来ました。明日一日頑張ります。』と突然メールが入った。
一昨日から自己啓発研修に行っている女性社員からである。以前は入社するとすぐに、この研修に行っていたが、最近は一年ほどしてからにしている。その間、その人の「人となり」を観察する。

本来、人間はなかなか変ることが出来ないものである。もって生まれた性格、なにより育ってきた環境によって性格形成はなされている。だから入社してきたからすぐに社風になじむ人間に変えていくこと自体不可能である。まずはその人を受け入れていく努力が我々に求められる。
しかしこれが「言うは易(ヤス)く行(オコナ)うは難(カタ)し」である。
b0101975_1974734.jpg
最近、職場、家庭、社会生活で特に感じることは、「まあまあ」がないことである。
お互いが常に「マジ」である。相手が年上であろうが、年下であろうが真剣に向うのである。つまり相手を完全に負かさないと気がすまないのである。自己顕示欲を超えて相手の人生を否定するところまで行く。このことが潜在的に私たちの日本の社会に見られる。
b0101975_199847.jpg
昔の武士の社会は「惻隠の心」を持っていた。たとえ真剣で立ち合っても、刀背打ち(ミネウチ)で相手を殺すことはしなかったと言う。相手を認めることが出来れば相手に感謝することができる。「自分を変える」ということは感謝できる心を養うこと。

その彼女に激励を送った。
『研修二日終えて、お疲れさん。今はどんな気分ですか。親からも言われなかった厳しい言葉を浴びせられましたか。そんな事言われんでも判っている。なんだこの研修は!自分の弱い所、そんなに言わんでもええやないの!私は私の人生、人にとやかく言われんで生きていく!ほっといて!
b0101975_19111038.jpg
自分本位で生きる。生きたい。それが一番と思っている。これが出来ればいいのですが、だんだんそんな生き方はできなくなってくる。年を取れば・・・やっぱり人(相手)に優しく、自分から積極的に関わって行く。「人を好きになる。」「愛すること」の大切さ。人間にとって一番大事なもの。これを養っていくことが、人生の目的ではないでしょうか。
おつかれさん。帰りを待っています。』

どうか彼女が少しでも「気づき」を得て、幸福な人生を歩んでいってもらえればと祈るばかりである。ありがとう!
by shikanko | 2007-05-13 18:55 | 社長ブログ | Comments(0)

 

TOP of PAGE
しかん香 オーダーメード ジュエリー 天然石
ホームプライバシーポリシール・ド・シオン地金買取しかん香ブログ