しかん香ブログ
しかん香からの楽しいおたより

カテゴリ:社長ブログ( 153 )

決して諦めない!(あけましておめでとうございます。)平成22年1月元旦

b0101975_0522362.jpg「柿食へば鐘が鳴るなり 法隆寺」、この俳句は今、NHKドラマ「坂の上の雲」の主人公の一人、香川照之が演じる正岡子規の句だ。


この「坂の上の雲」は日本人が世界に向かって希望を抱いて力強く生きていた時代の物語だ。主人公の秋山兄弟が戦地で自らの命を投げ打ってどんな状況下も怯むことなく戦っている様は、いま日本人が失いかけている国に捧げる気概を私たちに見せてくれる。その姿は見るものを感動させる


しかし私はもう一人の主人公、正岡子規の生き様もすごいと思う。彼は結核から脊椎カリエスを患って7年間の闘病生活を強いられる。後半の3年間は寝返りを打つこともままならない病状だった。

b0101975_053353.jpg
彼が残した随筆病床六尺の一節にこう書かかれている。
「身動きができなくなっては、精神の煩悶を起こして、殆ど毎日気違のような苦しみをする。
……………こらえにこらえた袋の緒は切れて、ついに破裂する。。。。。絶叫、号泣ますます絶叫、ますます号泣。」とある。


それでもこの地獄の様な病床の中で彼は思った。「悟りとはいかなる場合にも平気で死ぬる事かと思っていたが、それは間違いだった。悟りと言うのはいかなる場合にも平気で生きていることだった。」と。


私はこの言葉に出会った時、『あっそうか!どんなことがあっても死ぬな!諦めるな!どんなかっこでもいいから平気で生き続けることや!』目から鱗が落ちた。


それからも幾度となくこの言葉に励まされて生かされてきた。
b0101975_10616.jpg昨年も十年続いて自殺者が3万人を超したと言われる。そして今年もますます厳しい世の中が続きそうだ。


今、「坂の上の雲」の時代のように上向きな日本ではなくなっていますが、正岡子規のように何が起きても平気で生き抜いて行こうではありませんかありがとうございます。
今年も宜しくお願い申し上げます。
                    店主

金プラチナ買取ダイヤモンド買取天然石アクセサリーならしかん香

人気ブログランキングへ
by shikanko | 2010-01-01 00:08 | 社長ブログ | Comments(0)

突然襲ってきたアクシデント!?(平成21年11月23日)

b0101975_1684018.jpg11月半ばを過ぎて、御堂筋の銀杏の葉は輝く黄金色に染まっている。だが今年は暖冬のせいか葉は満々と繁っている。だから朝の掃除もまだ落ち葉にさほど苦労はしない。



b0101975_16105925.jpg





その朝の掃除の時に事件が起きた。いつものように竹箒で歩道を掃いていた。前日の雨で落ち葉が石の歩道にへばり付くように散らかっていた。その落ち葉をほうきで掃き取ろうとした時、突然私の腰に電気のようなものが走った。この激痛はなんだ、一瞬なにが起こったかと思った。これが初めて経験するぎっくり腰だった。


翌日整体に行って一応は治ったようだがそれからはどうも今までのように体が言う事を聞かない。時々走る腰の痛みは今もある。どうも体の具合が良くないと気分も優れないものだ。目標の400万歩が危うくなってきた。b0101975_1694014.jpg


ところが落ち込む私にカツを入れてくれたエッセーが突然飛び込んできた。それは産経新聞の夕焼けエッセー。タイトルは「長嶋は偉大です」だった。吸い込まれるように読んだ。その人は西川さん、76歳のタイガースファンだ。もちろんアンチ巨人。私もまったく同類だ


この西川さんは持病のリュウマチで沈みがちだった。しかし長嶋さんが病気を克服して、みなの前に不自由な体を押して現れた姿に勇気をもらったと言う。その文は、素直な感情でトツトツと書かれていた。この76歳の男性のエッセーに感動した。私もまた気力を出して400万歩に向かってがんばるぞ。


b0101975_16124887.jpg西川さん、ありがとう。
私もタイガースファンは辞められませんが、長嶋さん、ありがとう!

人気ブログランキングへ
by shikanko | 2009-11-23 15:05 | 社長ブログ | Comments(0)

4000万歩の男知っています?(平成21年11月3日)

  b0101975_22281486.jpg今から200年前、56歳の男が17年掛けて4千万歩、歩き続けた。彼は一生を二度生きた男である。その名は、伊能忠敬


自らの足で日本地図を完成した人だ。元は酒屋の主人であった。50歳で息子に家業を継がせ隠居し、第二の人生を生きた。五十にして立つである。

江戸に出、西洋天文学を学び始める。その先生である高橋至時(ヨシトキ)の推薦で幕府の命により17年掛けて全国の沿岸測量をする。歩き続けること、4千万歩、いやそれ以上だったかも。

彼がこの仕事をし終えた時、彼の歳は72歳だった。現代に置き換えると90歳か100歳というところだろう。まったく彼は化け物かもしれない。前置きはこれくらいに・・・・・b0101975_22293382.jpg


今年の初めに立てたウォーキングの目標365万歩は、今月で達成出来そうである。

上方修正して400万歩に目標を上げた。歩くことは本当に素晴らしい。



伊能忠敬も「長生き出来ないと言われていた私が歩くことでこんなにも長生きすることができた。」と言っている。もちろん彼には大目標があった。日本地図を完成するという。目標を持つことは人間を前向きにする。

b0101975_2234933.jpg今年は実に良く歩いた。以前は車で行っていたところを、全く苦にせず歩けるようになった。今まで気づかなかった店を発見したり、馴染みの店が亡くなって街の変化に足を止めたことも、御堂筋のイチョウ並木の四季折々の移り変わりを楽しむことができた。実に毎日が楽しい。

アメリカ発の大不況の津波が日本にやって来て一年、これまで元気に生きてこられたのもウォーキングのお陰である。そして家族、社員の皆さんの援助の賜である。心から感謝しよう。ありがとう!

人気ブログランキングへ
by shikanko | 2009-11-03 21:56 | 社長ブログ | Comments(0)

ツキを呼ぶ朝の日課?(平成21年10月13日)

大阪みなみアメリカ村の一角にこじんまりだが凛々しく存在感を示している氏神さんがある。御津八幡神社である。b0101975_2233265.jpg

毎朝の日課、早朝の掃除を終えるとこの氏神さんに参る。春は小さな境内を狭しと枝を広げた満開の桜が参拝者の目を奪っている。秋には大きな濃い緑の葉桜が紫外線の強い秋の日差しから木陰を作ってくれている。

早朝の境内は、朝日が葉桜の葉に降り注ぎ鮮やかに輝いている。境内の静寂さは一時の街のオアシスになっている。

朝の参拝を終えこの桜の木の下を歩いてると木漏れ日が暖かく私を包んでくれる。

この不安定な時代にいつも付きまとってくる「不安」が、この瞬間どこかに消えていくような気がする。朝の氏神さん参りは心新たな一時を頂ける!

b0101975_22351284.jpg
ありがとう。」「今日もツイテイマス。」とつぶやく自分がいる。
          店主

人気ブログランキングへ
by shikanko | 2009-10-14 19:20 | 社長ブログ | Comments(0)

[大人検定」受けてみませんか?(平成21年9月26日)

b0101975_11283359.jpg夕刊をめくっているとふっと「大人検定」と言うタイトルが目に入ってきた。そこには「常に相手の立場になって物事を考えることができる人が大人である。」と書かれていた。なるほどと思った。相手を思いやる気持ちが薄い。大人としての人格をもっている人が少なくなっていることに気づく。


それほど今の日本人が余裕を無くしているのかも?経済もどんどん底なしに悪くなってきている。もう半端じゃ無い。生きるか死ぬか、中小企業の経営者の多くはそこまで追いつめられている。そうなれば自分のことで精いっぱいと言うことになる。

b0101975_1130560.jpg
この状況になると全く悪循環のスパイラルに引き吊りこまれて行く。そこから出るには、やっぱり「運を引き寄せる」ことだ。それには他利の気持ちに成ること。


周りにいる人が喜んでくれることを率先してやることだ。そして起こることをプラスに受け入れ感謝することだ。本当の大人に成らなければいけないのだろう。


さてそのコラムの最後に「精神的な実技試験や質疑応答、そして経済的に自立しているか。」を試験する、「大人検定」をしてはどうかと言う提案だ。

b0101975_11324125.jpg
そばにいた妻が横から「「大人検定」ってなに?」「その試験お父さんが受けて見たら?」と唐突な言葉が耳に入ってきた。どう答えたらよいか、一瞬言葉がでなかった。正直、もしこの「大人検定」があれば、合格する自信はない。


いやいやそんな後ろ向きな考えはやめよう。この「大人検定」に合格できるよう、毎日、「常に相手の立場になって物事を考えることができる大人」になれるよう前向きに生きていこう。みんなに感謝だ。ありがとう。


人気ブログランキングへ
by shikanko | 2009-09-26 10:44 | 社長ブログ | Comments(0)

60からの手習いです。中国語の勉強に悪戦苦闘!(平成21年9月8日)

b0101975_19342482.jpg六十からの手習いと言うが、思ってた以上に厳しい。特に語学はかなり難しいそうだ。2ヶ月前から中国語の勉強を始めた。

きっかけは6月の一週間の中国旅行である。「三国志を訪ねて」というタイトルだった。ちょっと気晴らしのつもりで友人の誘いに乗った。これが本気で中国語を習うことになるとは思ってもいなかった。

十年前に山峡下りで長江の沿岸の街を訪れて以来の中国だった。特に地方都市の発展に目を見張った。日本に帰ってもそのカルチャーショックは続いた。どうしても社員のみんなに中国を肌で知ってもらいたという思いが沸きあがってきた。早速しかん香全員、二泊三日で上海に行くことにした。。b0101975_1936279.jpg

と言うのも去年ぐらいから店に中国の観光客がしばしば来店するようになった。そこで以前からこの人たちが求めるものを店に置かなくてはとかねがね考えていた。是非上海は見に行かなければと思っていたからである。

話は長くなった。そんな訳で上海から帰ってすぐ、中国語の勉強に取り組むことにした。ある人の紹介で中国で日本語を教えておられたしっかりした中国女性に毎週来てもらっている。店を開ける前、朝の1時間半全員いやがらず、真剣に授業に集中している。

社員のみなさんは、今では片言の中国語で挨拶をかわしている。ところが私はなかなか挨拶の会話に乗れないでいる。やっぱり年か、それとも頭が悪いのか、覚えた先から忘れて行く。まるでザルである。b0101975_19383538.jpg

しかし言い出しっぺである私が根をあげる訳にはいかない。ともかくみんなについていけるよう人知れず頑張って中国語の勉強に取り組んでいる毎日である。このようにさせてもらえるのも社員みなさんのお陰と感謝している。苦しい中にも楽しい日々だ。ありがとう。

人気ブログランキングへ
by shikanko | 2009-09-08 19:22 | 社長ブログ | Comments(0)

お盆休み、感動のドラマ見ました!(平成21年8月16日)

b0101975_2326323.jpg
お盆休みも終わった。今日は京都の大文字焼きだ。祖先の霊も帰っていかれる。今年は三日間ゆっくり休ませてもらった。テレビを見るとどうしても太平洋戦争の追悼番組を見てしまう。

64年経っても今もなお戦争の傷跡は薄まらない。戦争体験者の多くの人の証言を聞き、映像を見る度に胸にこみあげる悲しみと悔しさで何度も涙があふれ出た。b0101975_2327349.jpg


さてこのお盆休みにNHKの再放送番組、「遙かなる絆」を末娘が六話、ビデオをとってくれていた。お陰で一日で続けて見終えることができた。

話は自力で日本への帰国を果たした中国残留孤児とその娘の物語だ。四歳の子供があの突然の中国へのロシヤ軍の侵入で親から離れ逃げていく中、殺されそうに成るところを一人の中国女性に救われるところから物語は始まった。

b0101975_23374138.jpg
その子供は中国名、孫玉福と名付けられ養母・付淑琴によって育てられる。生活は極貧と言ってもいい、その中で養母淑琴が深い愛で彼をつつむ。彼は大きくなり大学進学で日本人であるが故に挫折を味わう。その時、恩師が発した言葉が今も残っている。それは「車至山前必有路」どんな困難に遭っても必ず乗り越える道はあると言うことだ。b0101975_234025.jpg



この言葉はドラマを見ている私の胸にぐさりときた。彼が様々な困難を乗り越え日本に帰る日、養母淑琴と別れ列車に乗ろうとした時、彼女が「行かないで!」と絶叫する姿に、突然私の祖母の顔がだぶった。思わず息が詰まり涙をこらえられなかった。それは私が祖母に育てられた過去のせいだろう。


b0101975_23445632.jpgそして日本に帰国し何年か経ち家族を連れて養母淑琴に再会する。その時玉福さんこと幹(日本名)さんが日本で一緒に住もうと言った。しかし彼女はこう答えた。「死ぬのなら自分の国で死にたい。」と。


この言葉はこの太平洋戦争で日本に帰れず無念にも死んでいった人々の切々たる思い、でもあったろう。
このドラマは平和な日本に生かされている我々に、本当の人間の愛の深さとぬぐい切れない戦争の傷跡の大きさを教えている。


私は、毎年終戦の日が近づくと、あの戦争で亡くなっていった多くの人々の霊が私たちを守り導いてくれていると気付く。平和な日本の礎になった祖先の方々に心から感謝したい。
b0101975_23483829.jpgまた素晴らしい感動にありがとう。
  平成21年8月16日 
           店主


人気ブログランキングへ
by shikanko | 2009-08-16 23:19 | 社長ブログ | Comments(0)

梅雨の御堂筋もいいもんですよ(平成21年7月2日)

b0101975_13161260.jpg 突然の大雨に驚く天候不順な日が続いている。
先日久しぶりに御堂筋の銀杏並木道をぶらりと歩いた。

銀杏の木は梅雨の雨に濡れ緑色の葉がますます鮮やかだ。御堂筋の側道と歩道をまたぐように伸びている。自然の営みは人知れずおこなわれ、今は数少なくなった雌の銀杏の木には一杯の実がなっている。

雨が一時止み、厚い雲間の微かな切れ目から夏の強い日差しが射しこんできた。大きくそびえ立つ銀杏の木々がその日差しを優しく避けてくれる。その木陰にはさらっとすがしい風が吹き、しばし蒸し暑さを忘れさせ、一瞬安らぎの時間。忙しく行き交う人の顔がほっとして見える。
b0101975_13222211.jpg

このごろ流行りのヨーロッパ風のオープンカフェにふっと入ってみた。
昼間にも関わらずビジネスマンやOLでにぎわっている。ガラス越しに御堂筋が見えるカウンターの席を見つけた。今読みかけている単行本を開け読みかけるが、どうもうしろの二人連れのビジネスマン風の会話が耳に入ってくる。なにか会社の不満をいっているようである。

b0101975_13185126.jpg

「課長、あの数字はきついですよ。」「そやけどせんとあかん数字や」「そう言うても僕は納得できませんわ」
なにか厳しそうな会話が聞こえてきた。しばらく後ろの二人の会話を聞くともなく聞いていた。
いずこも同じ悩みを持って一生懸命頑張っているなあ思った。

外に出ると小雨が降り出した。そのまま小雨の中をしばらく傘も差さず歩いた。
何か体の中から元気が沸き上がって来るようで、清々しい気分になった。
たまには、ぼおっと御堂筋を歩くのもいいですよ。では          店主
by shikanko | 2009-07-02 13:06 | 社長ブログ | Comments(0)

久し振りの中国は10年ひと昔の感(平成21年6月25日)

b0101975_0381592.jpg先日、友人の誘いで久しぶりに中国を旅した。10年前の三峡下り以来の中国訪問だが、この国の変わり様はまさに10年一昔という表現がぴったりであった。

杭州空港を出発地として一週間、バスで約2000キロの旅だった。中国の変化は新聞やマスコミの報道で知らされてはいたが内陸部の都市まで想像した以上、経済発展が及んでいた。b0101975_0431978.jpg

景徳鎮、蘆山、合肥、南京、無錫そして最終地の上海まで、長江流域の街を巡っていく。高速道路はどこまでも整備され、各都市の街中を走っても昔のようなゴミは見られなかった。驚くことに歩道を清掃する人を見ることもしばしば。もちろん高速のインターチェンジの便所は昔のイメージはない。むしろ日本以上に清潔に保たれている。

また綺麗に洗車された高級車が多くみられ、さすが経済発展の国だと改めて思った。一つ、意外な発見があった。それは電気バイクである。一見モーターバイクに見えるがよく見ると排気筒がない。だからモーターバイクの騒々しい音がない。30キロぐらいのスピードを出しているのに歩道を走る。
b0101975_0445063.jpg
突然うしろから音もなく電気バイクに追い越されると一瞬ヒヤットとする。事故がないのが不思議なほどだ。しかし中国がCO2の排ガス規制をここまで対策していることをはじめて知ることが出来た。

夕食後の街の散策でどこの街のデパートもスーパーマーケットも、品揃え、デザイン、レイアウト、どれも全く日本と変わりがない。日本と大きな違いは買い物客の多さである。それと来店客の明るさに驚かされた。その上閉店時間がなんと夜11時であった。40年まえの日本を思い起こす。b0101975_0522365.jpg

杭州空港到着以来世話になったガイドの張さん。彼からたくさんの中国の情報を教えてもらった。実に気配りの行き届いた人だった。彼には娘さんが一人いるという。彼の将来の夢はまだまだ大きい。



b0101975_05425100.jpg
しかし田舎出の彼は上海育ちの奥さんとはうまく行っていない様子。それは彼の両親と奥さんの関わりが原因のようだ。この感覚は何となく昔の高度成長期の日本人の人間模様と同じような気がした。

中国に「千里の旅、万巻の書」と言う言葉がある。その意味は千里を旅することは、万巻の書物を読破することにひとしいと言うことらしい。b0101975_056683.jpg

今回の中国の旅で改めて中国を見直す機会を持たせてもらった。そしてこれからの私たちの歩むべき道のヒントを得たような気がした。

素晴らしい旅に感謝。この旅行にご一緒してもらった仲間にこころから感謝したい。ありがとう。
by shikanko | 2009-06-25 00:33 | 社長ブログ | Comments(0)

体をいたわってますか?(平成21年6月2日)

b0101975_9202246.jpg 最近、月末が近づくと数字が気になってくる。また仕事のことか?と思われるでしょうが、ウォーキングのノルマである。

今年初めからやりだして約5か月になる。一か月のノルマを30万歩と決め、お陰で4か月間は毎月達成してきた。1日平均1万歩だからそんなに高いノルマとは思っていなかったがこれが結構プレッシャーになる。

朝のウォーキングをサボるとなかなか万歩計の数字は上がらない。すこし体調を崩して数日休むと1か月の残り日数から計算するとだんだん1日のノルマが大きくなる。b0101975_9212364.jpg


そこで一挙に遅れを取り戻そうと頑張る。いつもは朝のウォーキングはだいたい8000歩ぐらいだ。それをその倍をやってしまう。その日は勢いがつき外に出るのも車を使わない。ずっと1日歩く。1日終って万歩計を見れば何と三万歩に近い数字だ。


しかしこの翌日の朝、昨日の無理がてきめん体の節々にくる。やっぱりほどほどが良い。体はいたわらないと悲鳴をあげている。b0101975_926502.jpg


仕事も同じだ。なかなか数字が上がらない。無理をする。みんな不平も言わず頑張ってくれているが、みんなの体は悲鳴をあげているだろう。

その声を聴くことが私の役目だ。ほどほどを保つことは、勇気のいることだと気づかせてもらう。今日は従業員みんなの健康診断の日だ。診察結果は私の心の通信簿かも知れない。

みんなの健康に、家族の健康に感謝、そして共に生かされていることに心からありがとう!
b0101975_9275687.jpg

by shikanko | 2009-06-02 09:22 | 社長ブログ | Comments(0)

 

TOP of PAGE
しかん香 オーダーメード ジュエリー 天然石
ホームプライバシーポリシール・ド・シオン地金買取しかん香ブログ