しかん香ブログ
しかん香からの楽しいおたより

無駄があってこそ(平成19年11月21日)

b0101975_8454849.jpg暗中模索と言う言葉をよく聞く。先が見えない、現状のままでは今の状況を脱することが出来ない。勿論いろいろ考え、計画を立てるが、実行に移しても成果が出ない。
また無駄だったと思う。

先日、新聞のコラムに「名将、無駄を重ねてこそ」というタイトルに目が止まった。
大リーグのダイヤモンドバックスのB・メルビン.監督の話である。
b0101975_8481429.jpg
彼は昨年まで低迷を続けていたこのチームを5年ぶりにプレーオフに導いた。ほとんど無名の選手を3年かけてナ・リーグの地区優勝するチームまで育てあげた。日本ならまさに楽天をパリーグの優勝チームにするのに匹敵するだろう。彼は今季の最優秀監督の候補になっているそうである。
b0101975_8493762.jpg
その彼も幾多の無駄をしてここまで辿りついた。彼はダイヤモンドバックスの前はイチローがいるマリナーズの監督を2年している。一年目は2位とまずまずだったが、2年目は最下位に転落しシーズン途中で解雇された。

彼はその年、いろいろな無駄を重ねている。イチローを3番に据えそしてイチローに初球は打つなと指示した。彼に慎重さを求めたのである。勿論メルビン監督の各対戦チームのイチローに対する分析によるものである。その結果イチローは4月低迷をつづけ、その指示は撤回された。
そしてイチローはその年大リーグ年間最多安打記録を出した。
b0101975_8581110.jpg
イチローは監督の指示を間違っていたと責めていない。
彼は「野球っていうのは、無駄なことをしないと伸びない面もある。だから(四月のことが)回り道になったとは思わない」と言っている。

私もいまたくさんの無駄をして毎日生きているに違いない。その私の指示に従ってみんな頑張って働いてくれている。この無駄の積み重ねがきっと実を結ぶだろうと信念をもって生きていこう。
by shikanko | 2007-11-21 08:39 | 社長ブログ | Comments(0)

 

TOP of PAGE
<< 「求めない」生き方できる?(平... 笑顔美人(平成19年11月14日) >>
しかん香 オーダーメード ジュエリー 天然石
ホームプライバシーポリシール・ド・シオン地金買取しかん香ブログ