しかん香ブログ
しかん香からの楽しいおたより

それでモチベーション上がった?平成19年4月22日

b0101975_20292480.jpgなにかすっきりしない。そんな時は身の回りを整理することにしている。身辺整理が頭を爽快にさせる。
先週そんな思いで、以前から捨てようと思っていた古いアルバム類を整理していた。

その時三十数年前の仕事の書類が出てきた。その当時の営業報告書だ。
まだ営業に出て2,3年だろう。目標達成できていない言い訳が書かれている。上司のコメントが書かれていた。私を励まそうとしてくれているのがわかる
b0101975_20221811.jpg 
あの当時は、我々団塊の社員のモチベーションを上げる言葉は、「おまえ、そんなことでけへんのか、あほか。」である。これを毎日何十回も聞かされ、無我夢中でがむしゃらに働いた。
それでも思ったように成果があがらなかった。

営業会議では成績の悪かった社員に罵声が浴びせられた。「こんな成績でようここに座ってるな、ばかか、もうやめてしまえ。」あげくは「あまえ、もう死ね。」とまで言われる。その彼は一言もいい訳せず、ぐっとこらえてただうつむいて立っているだけだった。
b0101975_20325688.jpg
こんなマイナスのモチベーションが日常だった。そんな社員の中で這い上げってくるやつがいた。彼は上司からなんぼどやされ、罵倒されても黙々と頑張った。いや、一人ではない、何人もそういうやついた。だから私自身も頑張れた。

さて私はこの引き離し法(平尾誠二元神戸製鋼ラクビーー監督が言われている。)の指導法を長い間変えることが出来なかった。若いときのトラウマからなかなか脱することができなかったからだ。いまこのような指導でついてくる若者はほとんどいないだろう。

平尾氏は、今は「たぐり寄せ法」で行きなさいと言う。相手に関心を示す。「今日はそのネクタイええやないか。」「よう似合うてるで。」これでモチベーションは上がるのである。社員は頑張って働くのである。
b0101975_20375025.jpg
「相手に一歩寄ると、相手は半歩近づいてくる。」「ちょっと良い所を見る。」
つくづくモチベーションを上げるやり方も変わったものである。

昔が良かったのでなく、今の世の中に適合していくこと。変わらなければならないということだ。いやそういう言い方より人間としてのキャパティシティーを広げることだと思う。身辺整理がこんな結論を引き出してくれた。では次回まで
by shikanko | 2007-04-22 20:14 | 社長ブログ | Comments(0)

 

TOP of PAGE
<< 自己啓発研修に行ったことがあり... 親しき仲にも礼儀あり(平成19... >>
しかん香 オーダーメード ジュエリー 天然石
ホームプライバシーポリシール・ド・シオン地金買取しかん香ブログ