しかん香ブログ
しかん香からの楽しいおたより

忘れることも良し(平成18年12月7日)


東京出張にでかけようと店を出たところでお客様に呼び止められた。まだ新幹線の時間まで少し余裕があったので無碍にせずもう一度店に戻った。久しぶりのご来店で少し話しが長くなった。急いで店を出て地下鉄に飛び乗った。ほっとしてふと前を見るとどこかでお会いしたことのある男性が座っておられる。まだ相手は気づいていない。なんとかして名前を思い出そうとしたが、なかなか出てこない。挨拶すべきか迷った。どうも最近人の名前がすぐに出てこない。もともと記憶力は良くないと思っている私は、年のせいとそんなに気にはしていない。

しかし我が妻は違うらしい。
昨日のことだ。買い物に行ったところで、私の友人に会ったと言う。何度も会っている人である。
挨拶の声をかけたが名前が出ない。
だから先方と目線があった時一瞬、間があったのだろう。しかし妻はとにかく挨拶と思い「こんばんは、ご無沙汰しております。」と言った。
先方も一瞬キョトンとしていたらしいが、にこやかに「こんばんは」と返された。
その場はそれですんだが、家へ帰るまでお名前を思い出すのに大変だったと言うことだ。
それと言うのも妻はOL時代、かなり大きな会社の受付をしていた。その当時一度会ったお客様の名前は、フルネームまで覚えたと言う。だから二回目の来社されたときは必ずお名前を言って迎えた。それをあるお得意さんが感心して、重役に言ったらしい。そこでその重役から誉められたことを今でも自慢にしている。
こういう人は、記憶力の衰えに敏感である。

まだ年というには早いが、忘れることはすこしずづ始まっているらしい。
またこれもいいではないか。忘れることは、
いろんな悩んだことも流していってくれる。人とのわだかまりも流してくれる。
みんな起こることは良いほうに受け入れていこう。それが一番だ。
by shikanko | 2006-12-07 22:32 | 社長ブログ | Comments(0)

 

TOP of PAGE
<< 御堂筋のイチョウ(平成18年1... 忘れていた友(平成18年12月4日) >>
しかん香 オーダーメード ジュエリー 天然石
ホームプライバシーポリシール・ド・シオン地金買取しかん香ブログ