しかん香ブログ
しかん香からの楽しいおたより

お年寄りのお客様(平成18年11月30日)


 買取業をはじめて、お客様が変わった。特に最近お年を召した奥様がご来店になる。店の前で必ず一度は店内を見渡される。ここは大丈夫かなと思っておられるのだろう。
そして「ここは宝石を買い取って貰えるのですか。新聞の広告を見てきたんですが」と言いながら入って来られる。
「はい。どうぞ、こちらへ」と答える。
そしてゆっくりと私を前にしてテーブルにつかれる。それからやおら小さな買い物バックから小袋をだす。昨日の奥様は、その中から小さな宝石入れを出された。全部見せようとはせず、「これは、いくらぐらいになる」と試すように私に聞かれる。
「はい。これは石は買取できませんが、地金として重さで買取の査定をさせて頂きます。」とお答えする。
差し出された指輪のコクインをたしかめ、重さを量り、計算した査定額を書いた紙をお渡しする。納得したようすである。

しかしこれで終わらない。これからである。ご自分の半生を語り始められる。幼少のころ心斎橋の近くに住んでいた。小学校もどこどこの小学校だったとか、いろいろ。それからやはり宝石をよく買っていたころ、人生の華やかな頃のお話をされる。
そこで宝石箱が開かれる。「おっと」驚くような指輪がずらり。今出されたのは試しだったのだ。一本一本に思い出がある。その思い出話をわたしは相槌を打ちながら聞きつづける。私はおばあさん育ちであったから、ご老人(失礼な言い方ですが)とこんな会話をしてもあまり苦にならない。それより、なぜ一人でこんな高価なものを持ってこられたかと思った。もちろん私が見た限りでもおそらく一千万円以上の宝石である。生活も十分裕福に暮らしておられるように見受ける。それがなぜ。

「このような立派な宝石をどうして手放されるんですか。」とお聞きする。そうすると、やはり一瞬悲しいそうにされる。結局、誰もほしいと言わないらしい。
「お年はいくつになられるんですか」と聞くと85歳と言う。私の母親とよく似たところだ。息子さんがおられると言う。
しかしご主人が先立った今もお一人で暮らしておられるらしい。
私の母も今、介護施設にいる。
現代はこんな世の中である。事情は様々だ。それをとやかく言えない。
結局この奥様から18金のネックレスを一本買取させて頂くことになった。
帰る後ろ姿に「いつまでもお元気で」と祈るばかりだった。
こんなことで、お年を召されたご客様の接客はやはり私の役目らしい。
by shikanko | 2006-11-30 21:43 | 社長ブログ | Comments(0)

 

TOP of PAGE
<< 自ら変わる(平成18年12月1日) 徳徳市のお礼(平成18年11月... >>
しかん香 オーダーメード ジュエリー 天然石
ホームプライバシーポリシール・ド・シオン地金買取しかん香ブログ