しかん香ブログ
しかん香からの楽しいおたより

私自身を振り返る(平成18年11月1日)

岐阜県の中学2年生がいじめを受けて自殺した問題で、校長先生が全校生徒のまえで、
謝罪されました。
その記事を追うと、校長先生は「いやな事を言われる。あいさつを無視される。失敗をすると笑われる。こうしたいじめを受けたことが女子生徒の心を傷つけた。」そして「今後は皆さんの心を読み取れるよう、もっと皆さんと話し合い、心を通わせる時間をどんどん増やしたい」さらに続けて、「うざい(うっとうしい)、きもい(きもち悪い)死ね、など人を傷つける言葉をなくしていきたい。力を貸してください。」と言われたという。この記事を読んでいて、さて自分はどうか。社員さんの気持ちを読み取っているか。傷つけている言葉を発してないか。
私、自らに問うて見る。
社員さんはもとより、子供と話し合う時間を持っているか、私の母の世話をしてくれている妻に優しい言葉をかけているだろうか。参った。ぐうの音も出ない自分であることに気が付く。
中国の偉人、老子は「人を知るものは智なり、自らを知る者は明なり。」と言っています。
人のことは分かるが、己のことは知らなさ過ぎるということでしょう。
今夜の記事は、私自身を深く反省させるものでした。ありがとうございます。
by shikanko | 2006-11-01 20:41 | 社長ブログ | Comments(0)

 

TOP of PAGE
<< 在宅医療(平成18年11月3日) オークション(平成18年10月... >>
しかん香 オーダーメード ジュエリー 天然石
ホームプライバシーポリシール・ド・シオン地金買取しかん香ブログ