しかん香ブログ
しかん香からの楽しいおたより

オークション(平成18年10月31日)

二三年前ごろからお客様から宝飾の売却を依頼されことがしばしばあるようになりました。やはり売るのでなく買い取るとなると、内心気持ちが落ち込みました。
そんな時日本にも大きなオークションがあることに気づいたのです。
早速東京に行きました。しかしまだジュエリーのオークションは絵画や古美術ほど頻繁には開催されていません。
しかし最近はだんだん出品数も増えてきているといわれます。
昨年の今頃、私がまだ回数も浅いとき、東京のシンワオークションで「ジュエリーと時計」のオークションに「アコヤ真珠とダイアモンドで作られ王冠」が出てきました。
中央には40カラットのダイアモンド、そしてトップには26.13のペアーシェープのイエローダイア輝いていました。
初値は7千万円だったでしょうか。それが競りあがって、最後は1億円で競り落とされました。日本にもお金持ちさんがいるんだなあと関心したものでした。
ところで世界に目をけると、やはりクリスティーズ、サザビーズのオークションは桁違いです。ちなみに今月のクリスティーズのオークションの記事を紹介しましょう。
10月10日、ニューヨークのロックフェラー・センターで開催されたクリスティーズのオークションに出品された女優エレン・バーキンのジュエリー103点は全て落札され、その総額は約24億3,900万円(20,369,200米ドル)だった。
クリスティーズによれば、この金額は1個人が所有していたジュエリーの落札総額としては史上トップ4に入るという。
さらにこう付け加えられていました。
「それは彼女が2000年にレヴロン社のオーナーと2度目の結婚をしたが2004年に離婚、今回出品されたものと思われる。ジュエリーの多くは二度目の結婚を通じてプレゼントらしい」と。
日本にもこんなビックな「オークション」も見られる日も遠くないと思います。
こんな男性もですか?
by shikanko | 2006-10-31 20:16 | 社長ブログ | Comments(0)

 

TOP of PAGE
<< 私自身を振り返る(平成18年1... 整理、整頓、清掃(平成18年1... >>
しかん香 オーダーメード ジュエリー 天然石
ホームプライバシーポリシール・ド・シオン地金買取しかん香ブログ